品質へのこだわり

ホーム > 品質へのこだわり
品質へのこだわり1
越後の美味しい鶏惣菜を

弥彦村

越後を代表する広大な蒲原平野、西にそびえる標高634m彌彦山、麓に鎮座する越後一の宮「彌彦神社」。「鳥そうざいやひこ」は、この地に根差して創業40年以上が経ちます。

越後の豊な水、肥沃な土、そして大きな平野。日本の食文化を支える越後米は、この環境が生み出した最高傑作だと思います。米は日本の食文化の礎、美味しいお米を生み出した越後は食の宝庫です。

「鳥そうざいやひこ」の惣菜は、そんな越後の職人たちが創ります。

から揚げ

例えば「から揚げ」。

当社の「から揚げ」は「美味しさに拘ります」。当たり前のことですが「こだわります」。
当社では「肉の職人」が、使用する肉、肉をカットする技術、たれ、揚げる油にまで拘って創ります。商品化するまで何度も試作し、最高の一品を創りあげます。

「鳥そうざいやひこ」の惣菜は、そんな越後の職人たちが創ります。
最後まで「美味しさに拘ります」。

当社は小さな職人集団の会社ですが、愚直に越後の美味しい鶏惣菜を作り続けます。

品質へのこだわり2
食の職人

鳥そうざいやひこでは、「食の職人が創ります」

当社の工場長は、鶏肉を知り尽くした職人です。

肉に携わること四十数年。
豚・牛・鶏すべての肉を知り尽くしたプロが、「焼く・煮る・揚げる・蒸す・なんでも出来るのは鶏肉だけである」と、その鶏肉にほれ込み、もう一つの武器である絶対的味覚を駆使して「美味しい鶏惣菜」を創り上げています。

当社の代表商品である「半羽唐揚げ」は揚げる前工程に拘っています。前工程の副原料である安心・安全はもちろんのこと、「美味しさ」も大切です。
カレー味、旨塩味の材料は企業秘密ですが、すべて工場長が吟味して使用しています。
少しだけコストはかかってしまいますが、お値段以上の「美味しさ」を生み出すために工場長は譲りません。

当社には新潟県をはじめ、首都圏などから大手食材メーカーのバイヤーさまがご来社されます。
工場長の「鶏肉」への知識、その技、また食文化新潟で育まれた絶対的味覚は、多くの方々からご支持をいただいております。

ページTOPへ